最新情報

2020.06.14

想いの「かたち」・おくる「かたち」

皆さんは『葬儀』ってどんなイメージをされますか?

「悲しい」「お別れの場所」「暗い」「考えたくない」

こんなイメージをされる方も多いのではないでしょうか。

 

わたしたちがご葬儀のお手伝いをさせて頂いている中でどのお客様も共通していることがあります。

それは『想いが集まる場』であること。

そして誰一人として同じではない点があります。

それは『おくるかたち』です。

 

家族の想い、友人としての想い、ご近所様としての想い、同僚としての想い…

直接参列出来なくても、それぞれの場所でその方を様々な方が想っています。

そして、故人様やご家族のご希望はそれぞれ違います。今までのお付き合いや仕事、家族構成、ご親戚との関係もお客様によって異なります。

それがゆえに、式場いっぱいになるほどの人でおくる方もいれば、家族だけでおくる方、温かな明るい雰囲気の中でおくる方、悲しみでいっぱいの中おくる方…

たくさんの『おくるかたち』をわたしたちは見てきました。どの『おくるかたち』も正解だと思います。

 

同時に悲しむ時間もない中で葬儀の準備をしている喪主様、故人を想う余裕もない中で葬儀が進んでいくご家族も本当に多く見てきました。

 

これからは大切な方をおくる皆さんに『大切な方を想う時間、一緒に過ごす時間を…』

それがわたしたちライフサービスの願いです。

家族葬チラシ表 家族葬チラシ裏

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

2020.06.14

想いの「かたち」・おくる「かたち」

»