最新情報

2017.06.29

6月の終活セミナーを行いました

“JAリビングルームかけはし”で毎月1回開催しています、

『終活セミナー』

 

今月は、前回に引き続き…

・遺言書の知識【2】

・メッセージを残す

をテーマに行いました。

我々、スタッフは朝からセミナー準備に取り掛かり、

スタンバイ完了。

IMG_6463-e1498713338126-450x600[1]

IMG_6461

皆様に楽しんでもらうための『カフェタイム』のフリードリンクもカウンターに並べて・・・

 

するとお客様が続々とご来店してくださいました。

 

2ヵ月間にわたって学ぶ、『遺言書の知識』であった為、

先月と同じ顔ぶれのお客様がお揃いの中、セミナーがスタートいたしました。

 

IMG_6467

最初に、講師でありますスタッフ本田から、

『皆様、遺言書というのは残されたご家族への“思いやり”なのです。』

 

この言葉を聞いた私はなるほど…と感じました。

これまでの私の知識の中での「遺言書」とは、

TVドラマや映画など、ドロドロとした世界での

「遺言書」

という感覚でしかありませんでした。

しかし、私自身このセミナーにスタッフとして参加することにより、

より深い、家族への最後の愛情の伝え方の手段の一つでもあるのだなぁ…

と考えるようになりました。

 

もちろんご参加いただいたお客様もいろいろなことを心で思い、

今回のセミナーを聞いてくださいました。

IMG_6472

そして、約1時間のセミナーを終え、

お待ちかねの「カフェタイム」がスタート!

今回のスイーツは

“白桃のタルト”と“プチシュー”をご用意しておりました。

 

みなさん、和やかな雰囲気で最後まで楽しんで下さいました。

どうもありがとうございました。

またのご参加をお待ちしております。

 

最後に、私も含め、みなさんが知らずに驚いておられた

「遺言書」の知識をひとつ…

もし、ご家族の方が亡くなって、封印されてある遺言書が自宅で見つかった場合、

親族のみで「遺言書を絶対に開封してはいけません!」

必ず、家庭裁判所において相続人または代理人の立ち合いのもと開封してください。

開封してしまっても無効になるわけではありませんが、

行政罰により罰金が発生することがありますので、

お気をつけください。

それを避けるためにも、遺言書を作成する側も

「開封せずに家庭裁判所に提出すること」

と、一言添えておくといいかと思います。

 

このように、ためになる事が満載のセミナーですので、

皆様もお気軽にご参加下さい。

 

次回の終活セミナーは、

7月31日(月)PM1:30~

JAリビングルームかけはしにて

・安心介護と在宅治療

(燕弥彦医療介護センター 様 出前講座)

・知っておきたいお葬式のこと

です。

お申し込み受付も開始しておりますので、

お気軽にお問合せ下さい。

 

JAリビングルーム かけはし

TEL 0256‐77‐5515 まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

2017.06.29

6月の終活セミナーを行いました

»